トップイメージ
自動車の保険には自賠責保険と任意保険という2個の種類がございます。任意保険、自賠責保険の双方ともにまさかの事故に遭遇したときの補償を想定したものですが実際の内容は細かな点で違います。2つの保険においては補償の対象となる範囲が違ってきます。※事故の相手に関しては、自賠責保険あるいは任意保険で補償が可能です。※自分自身については、『任意保険』のみで補償されるようになっています。※自分自身の財産に対しては、【任意保険】によってのみ補償します。自賠責保険単独では自分自身の傷害もしくは車両についての賠償などは受けられません。さらに相手に対する補償などですが自賠責保険においては亡くなった場合は最高額三〇〇〇万円後遺障害を与えてしまった場合最高額で4000万円という風に決められています。賠償金がこの金額を超えることは結構な頻度で起こり得ることに注意しましょう。加えて相手方の所有する愛車や家を破損した時については、害を加えた者による賠償となるのです。ですから任意保険という別の種類の保険が必須になるのです。被害を受けた人に対する支援を主な役割とする任意保険ですがそれ以外にも補償が存在します。※相手方へは死亡時ないしは傷車両もしくは建物といった様々な財産を賠償するのです。※自分へは、同伴者もひっくるめて、死亡時もしくは負傷を補償してくれます。※自分自身の財産に対しては、自動車を賠償します。このようにあらゆる面における支援が抜かりないのが任意保険における長所なのです。保険の掛け金の支出はどうしても必要となってしまいますが事故を起こした時の相手方のためにも自分自身の安心のためにもクルマに余計な心配を抱くことなく乗りたいのであれば任意保険というものに入っておきましょう。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.b2bhints.com All Rights Reserved.