トップイメージ

愛車の売却額査定の要点として焦点を当てられるものに走行距離が挙げられます。

一般的に走行距離イコールその車の耐用年数と見られることも多くありますので、走行距離というのは長いだけ査定では欠点とされます。

基本的には走行距離そのものは短ければ短いだけ自動車の買取額は高くなりますがあまり詳しい基準はないため、決まった基準で査定が行われます。

これというのは実際自動車を自動車専門店で見積りに出す時も重視される売却額査定の小さくない注意点のひとつです。

例えば普通車ですと一年で10000キロを基準としてこの走行距離を超えていると査定がマイナスになります。

軽自動車ですと、年間走行距離が8000キロがまた年数の割には距離がとても少ないケースでも、見積額が高くなるというわけでもありません。

実際、やってみたらとてもよく感じられると思いますが中古車は定期的に走らせることで状態を保ちますからあまりにも走行距離が短い自動車の場合、破損のリスクが大きいと判断される場合もあります。

こういったことは自動車を売る際も一緒です。

年式・走行距離での見積査定の要点は保有年数と比べて適正な走行距離になっているかという点です。

そしてその自動車の経過年数も、中古車見積査定の小さくない要点です。

きっちりと把握してるというようなかたがたくさんいるだと考えていますが、普通は年式については新しい方が査定には有利なのですがごく稀にそのシリーズにプレミアが付いている車は、古い年式であってもプラス評価で査定されることもあります。

同様のブランドで同様の年式であってもその年にマイナーチェンジやモデルチェンジなどがなされている車は当然そのモデルで査定額は違ってきます。

同車種の中古車の下取り額というケースでも色々な要素が重なって売却時の金額はその時々で変化してきます。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.b2bhints.com All Rights Reserved.