トップイメージ

一般的な初心者用のFX取引のテキストでは「差損が生じた場合はナンピン買いをして、ポジション全体の価格を低くする事が出来る」等と書かれているが、現実にはナンピン買いには落とし穴があると思います。フレキュレル

まずはじめに、ナンピン買いのやり方に関してごく簡単に説明しておこう。キーエンス

ひとつの例として100円で1ドルを買ったとします。GWおすすめバイト

$(ドル)買いですから円安に推移するほど黒字が出るわけだが思い通りに行かず1ドル=95円まで円高・ドル安方向に触れたとします。美甘麗茶

そのまま維持し続けたとしたら損失が戻るためにはドル安になった分ドル高が進まなければなりません。ゾンビ漫画 おすすめ

誰もがみんな、マイナスは出来るだけ早く戻したいと思います。アーセナル

この状況を打破するため最初に売買したのと同額の$(ドル)を買います。

それで、ポジションの平均の価格は1ドル=97.50銭まで引き下げることができます。

結果として、半分の幅でドル高に推移すれば、マイナスを取り戻す事が出来ます。

それが、ナンピンの仕組みです。

このとおり、ナンピンの原理を知ると、「なるほど」と考えたりするが、市場は容易には思うようにはいきません。

そもそも、1ドル=95円が下値だということなど想像できません。

仮に、為替相場が相当に強いドル安地合であるならば95円ではとまらず一段の円高ドル安にいく危険性がある。

ひとつの例として、97円50銭でナンピンを入れたにもかかわらず、95円までドル安になったとしたら、ナンピンをしたポジションもマイナスが生じます。

そういう状態では最初に買ったドルとあわせてより大きなマイナスが生じる事になります。

それほど、ナンピン買いはややこしいです。

では、マーケットが己の台本とは逆向きに素早く行ってしまった場合、どういう対策でリスクを軽減すればいいのでしょうか。

そこで選択できる道は多くはありません。

最初のひとつは潔くポジションを閉じる事です。

もうひとつは現在、自分自身が所持しているポジションを小さくする事によって再び外国為替市場が元のようになるのを何もしないで待ち望むことです。

ちょっと後ろ向きなやり方だとおっしゃる人もいます。

だが、自分の持っている買いポジションに差損が出た時、一番効果のある方法はこれよりいいものは考えられません。

確かに、理屈の上ではナンピンをしてみる考え方も効果的です。

しかしナンピンはあなた自身が損失を出している場面で、ポジションを減少させるどころか、逆に買いポジションを積み重ねていく方法です。

それでは、危機を制御することなど、どうやっても可能ではないと思ったほうかいいだろう。

ナンピン買いをし続ければその内勝てるかもしれない。

でも、それより先に投資資金は足りなくなってしまいます。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.b2bhints.com All Rights Reserved.