トップイメージ

自賠責保険という保険は正式名称で自動車損害賠償責任保険と呼び、略して自賠責保険と呼ぶものです。

この自賠責は属に強制保険とも言われていて、クルマを定期車検に出す時は、決まっている車検期間に自賠責保険に入っていなければなりません。

言い換えれば、すべての車に加入が義務づけられているものです。

それではクルマが自賠責保険に加入したまま売りに出した場合はどうなるか考えてみたいと思います。

自賠責保険という保険は車検のときに更新されるケースが多くあったりしますがもし強制保険が付いたままのクルマを手放した時は、お金が戻ってくるということはほとんどありません。

というのは、自賠責保険の加入を一旦なくして、次の所有権を持つ人移す作業は少なからず面倒くさいのです。

ですから自動車損害賠償責任保険というものは名義変更をして車とともに移すということが基本です。

ただし、それと同じだけの額を買取金額に上乗せしてくれるのです。

自賠責保険という保険は自動車税と違い支払い済みの金額を1ヶ月単位で割った額が返還されるわけではなく査定額に乗せるといったような方法がとられるのが通常ではありますが、こういった内容が査定書に明記されることは珍しいです。

ですから、車買取のときは自動車損害賠償責任保険の金額が買取金額に含まれているかを確認するようにしましょう。

自分で支払った額がどの程度かだけでも頭に入れておけば大丈夫はずです。

その自賠責保険の加入保険料は加入していた期間で違ってくるものなので、注意が必要です。

自動車の乗り換えの時には自賠責保険の名義変更をすることを忘れずに。

この作業を忘れていたら、保険の提供元から自分に保険の満期の知らせが来ることになります。

手放すか悩んでいる自動車がほんの少しでも無駄なく売却されることを応援させて頂きます。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.b2bhints.com All Rights Reserved.